沿革

沿革イメージ

平成29年
映像制作業務を受注開始
平成29年
中綴じ製本機・丁合機をリニューアル、カッティングマシンを導入
平成27年 2月
CTP(ダイレクト刷版)機のリニューアル、出力スピード向上とPDF出力の対応
平成26年
大判プロッターを導入により看板事業の一部内製化
平成26年 6月
ポーラー社製裁断機をリニューアル、安全性と制度の向上
平成26年 6月
オンデマンド機をリニューアル、中綴じ製本と穴あけ加工搭載機(FujiXerox)
平成25年12月
代表取締役社長に中島武宣が就任/代表取締役会長に中島健が就任
平成23年 8月
ホームページをリニューアル
平成23年 7月
サロン限定夏キャンペーンの実施
平成23年 6月
看板制作業務を受注開始
平成23年 2月
CIを確立しロゴを一新
平成22年 7月
専務取締役に中島武宣が就任
平成21年 8月
コニカミノルタPagemasterPro6500Nを導入
小ロット傾向・可変データなどクライアント様の多様なニーズに対応できるオンデマンド印刷を実現
平成21年~22年
デザイナーの内製化により、高いデザイン性とリーズナブルなコストを実現
平成13年 3月
ホームページ制作業務を受注開始
平成12年 3月
ホームページ開設
平成11年12月
電算システムの追加導入(Macintoshとカラー校正紙出力機の設置)
平成10年10月
電算システムの追加導入(WindowsNT/Macintosh)とPostScript環境の構築および高解像度イメージセッターを設立
平成10年 4月
科学技術庁長官賞を受賞
平成 7年 6月
電算システムの追加導入(ワークステーション・Macintosh・Windows)により、カラーのデジタル化を開始
平成 5年 2月
DTP導入システムとしてDOS/V導入
平成 5年 4月
フルデジタル化の成功に伴い、CTP(Computer to plate=ダイレクト刷版)
平成 3年 6月
DTP導入に伴い、手動写植機の破棄
平成 2年 7月
電算システム追加導入(ワークステーション)
昭和62年 4月
株式会社設立とともに電算システム導入(ワークステーション)
昭和50年 4月
オフセット印刷導入のためドイツ、ハイデルベルグ機を導入
昭和40年10月
活版印刷を主軸に営業を開始